「四十肩・五十肩」に悩まされていませんか?

このようなことでお悩みではないですか?

・肩が痛くて髪を括れない

・肩が痛くてお風呂で頭を洗えない

・肩の痛みで夜中に目が覚めてしまう

・洗濯物を干したり取り入れられない

四十肩、五十肩とは


四十肩とは、あだ名のようなもので、「肩関節周囲炎」や、「疼痛性肩拘縮症」といわれるものです。

肩関節の骨や軟骨に異常が見られず、周囲の筋肉や靭帯や腱などが炎症や老化、怪我・断裂を単独、もしくは複数の場所で生じて、肩の痛みや可動域制限がみられることをいいます。

最も多くおこる世代が40、50代なので「四十肩」や、「五十肩」といわれますが、もちろん他の世代でもおこることがあります。

 

肩甲骨周りの可動性を出すための施術(施術の一例です)

四十肩・五十肩の中でも多く見られるもの


四十肩・五十肩の中でも、種類があります。

中でも多いと思われるものを挙げていきます。

上腕二頭筋長頭筋炎

上腕二頭筋は、腕の前面にある筋肉で、腕を曲げる際に主に働きます。この筋肉は、腕の大部分を構成し、日常生活やスポーツなどで幅広い動作に関与しています。

上腕二頭筋の腱の通り道である、結節間溝や、その上下に痛みが出ます。

その部分を指で押さえると痛みが出ます。

上腕二頭筋長頭筋炎は、過度な腕の使用や急激な運動、繰り返しの動作、または怪我などによって引き起こされることがあります。

痛みは寒い時、夜間、腕を下にして寝た時に強く、肘の方にまで痛みが出ることがあります。

肩を上に上げたり、後ろに引くと痛みが強く出ます。

肩峰下滑液包炎

肩峰下滑液包は、肩関節の周囲に位置する滑液包であり、肩の運動をスムーズにするために滑液を分泌します。

この中でも、肩峰下(肩甲骨の屋根に当たる場所)にある滑液包が炎症を起こします。

この滑液包は、肩のインナーマッスルの無理な伸長を防止する役割があます。

症状には、肩の痛み、腫れ、運動制限、特に肩を動かす際の痛みが含まれます。痛みは、腕を上げたり、物を持ち上げたりする際に悪化することがあります。

慢性痛になることが多く、夜間に痛みが出ることもあります。

石灰沈着性腱板炎

石灰沈着性腱板炎は、肩の周囲にカルシウムの堆積が生じる炎症性の疾患です。

この状態は、肩関節の周囲の軟部組織にカルシウムが堆積し、炎症や痛みを引き起こすことで特徴付けられます。

特に、棘上筋腱、棘下筋腱などに多く見られます。

石灰沈着性腱板炎の原因ははっきりとは分かっていませんが、炎症反応や変性プロセスが関与していると考えられています。一般的に、この状態は40歳以上の年齢層でより頻繁に見られます。

症状には、肩の強い痛み、腫れ、夜寝られない程の痛み、運動制限、特に肩を動かす際の痛みが含まれます。

症状はしばしば徐々に進行し、特に腕を持ち上げたり肩を回したりする動作時に悪化することがあります。

 

腱板炎(インピンジメント症候群)

腱板とは、肩のインナーマッスルと言われ、棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋の4種類を指します。

この腱板の炎症です。

(インピンジメント症候群は主に棘上筋腱のものを指します。)

肩関節を外から挙上する時に、肩甲骨の出っ張りである肩峰と腕の付け根の上腕骨で挟み込んでしまいます。

つたの使いすぎや、挟み込みで肩に炎症を起こしたり、場合によっては、腱板を断裂してしまいます。

肩をある角度で動かす時に痛むなどの症状が出てきます。

まず、朝までしっかり寝ること・髪を洗うことを目標にしていきましょう。

一刻も早く治したい場合は、整形外科の受診を検討してください。

ご自身で行うセルフケア


夜間時痛があまりにもひどい、痛みがあまりにもひどい場合は運動を控えることを勧めます。

・入浴などで身体を温めて全身、もしくは上半身の血流を改善します。

・ストレッチで身体の筋肉の緊張をほぐします。

・猫背が気になる人は姿勢を正す

・肩の痛みがピーク時よりも落ち着いてきているようなら、ゆっくり腕を動かして、可動域を改善していく。


セルフストレッチをご紹介

※無理のない範囲でおこなってください。


四十肩・五十肩の不調から解消されたい方は、片山鍼灸治療院にご相談ください

痛みや不調の原因の筋肉に整体や鍼灸、鍼治療で一番お身体に合う施術をこちらからご提案いたします。

※鍼が苦手など、心配なことがあればお気軽にご相談ください。

四十肩・五十肩などは、いろいろな要因が複合しておこることが多く、症状が出ている場所や、離れた場所を施術する場合がございます。

状態によっては、手や足に施術をする場合もございます。

過去に来院された方々が、EPARKに口コミを掲載されています。

口コミ投稿のご協力、よろしくお願いいたします。

施術した筋肉やツボの例


整体や、鍼灸などでこのような場所に施術をします。

※あくまで一例です。

様々な原因が長い期間重なり合い症状がつらくなる四十肩・五十肩。

片山鍼灸治療院では施術時間を60分・90分・120分ご用意しており、ゆっくりアプローチすることができます。